操作説明

領収書作成

領収書の作成および確認をする方法を説明します。
作成した領収書は印刷、メール送信、請求書作成を行うことが出来ます。
まずは請求書に記載する自社の事業所情報を登録しておく必要があります。事業所の登録はヘルプページ『事業所情報を設定する』をご覧ください。

STEP 1 メニュー選択

メインメニューから【帳票作成】、サブメニューから【領収書作成】を選択します。

「新規作成」をクリックして領収書を作成します。
新規ビットマップ イメージ (2)

STEP 2 領収書を新規作成する

新規ビットマップ イメージ (2)

  • 得意先(必須):領収書の宛先となる得意先を選択します。
    ※新規の得意先の場合は、「新規取引先」を選択して取引先情報を登録します。
    得意先を既に登録してある場合は選択すると登録情報が自動で入力されます。なお、取引先の登録の詳細は『取引先を設定する』をご確認ください。
  • 領収日(必須):領収書発行日を入力します。
  • 領収番号:領収書番号を管理する場合に発行します。
  • 備考欄:注意事項等を記載することができます。領収書最下部に表示されます。
  • 但し書き:但し書きを表示します。
  • 送信先情報:郵送代行を行う際の送付先を設定します。
    ※郵送代行を行う際は設定が必須です。利用しない場合は設定は必要ありません。

    新規ビットマップ イメージ (2)

  • 送信先設定:
    ・帳票上の住所を使用:領収書作成時に設定した住所(画面上部)に送付します。
    ・取引先情報の送付先情報をセットする:取引先情報の送り先に設定した住所に送付します。
    ・取引先情報の取引先情報をセットする:取引先情報の取引先に設定した住所に送付します。

  • 編集:送信先の情報を手動で修正する際にクリックします。
  • 保存時に取引先送付先に反映する:チェックを入れると領収書の登録時に取引先情報の住所の上書きをします。

STEP 3 領収書を編集する

領収書1

  • 詳細:請求書の登録内容を編集や郵送代行依頼を行います。
    郵送代行依頼の方法はこちらをご覧ください。
    新規ビットマップ イメージ (2)

  • 削除:領収書を削除します。
  • 複製:同内容の領収書を複製します。
  • 印刷:領収書をPDFで表示したものを印刷します。PDF形式で請求書が別ウィンドウに表示されます。
  • 送信:得意先に領収書を明細配信します。

    s10
    「はい」をクリックすると領収書をメールで送信します。

    s11
    得意先には上記のようなメールが届きます。
    記載されているURLをクリックすると、領収書PDFが表示されます。

    こちらをパソコンへ保存や印刷を行うことができます。

  • 書類変換:作成した領収書を見積書・納品書・請求書のいずれかに変換することができます。

    請求書2

    例えば、請求書に変換した場合、請求書の作成画面に内容が更新されます。

    請求書変換

    「登録」をクリックすると請求書が作成されます。

  • 履歴:作成や編集の履歴ログを確認できます。

    見積書3

ページトップへ